KAINOS

新型コロナウイルス関連

新型コロナウイルス関連

  1. トップ
  2. 記事一覧
  1. 生化学試薬
  2. 免疫学試薬
  3. 輸血検査用試薬
  4. 遺伝子試薬
  5. 研究用試薬
  6. POCT検査試薬
  7. コントロール・キャリブレーター
  8. 新型コロナウイルス関連

新型コロナウイルスとは

ヒト由来コロナウイルスは、風邪の原因の10~15%を占める病原体として4種が同定されています。2002年に中国・広東省に端を発した重症急性呼吸器症候群(SARS)は、コウモリのコロナウイルスがハクビシンを介してヒトに感染し、ヒト-ヒト感染を起こすことで 8千人を超える感染者を出しました。また、2012年にアラビア半島で発生した中東呼吸器症候群(MERS)は、ヒトコブラクダからヒトに感染することが判明しています。そして、2019年12月に中国・湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による事が明らかとなりました。SARS-CoV-2は、宿主動物は未だ判明していませんが、SARSやMERSと同じβコロナウイルスに分類される動物由来のコロナウイルスです。ヒト-ヒト感染により流行が世界的に拡大した、このSARS-CoV-2による感染症を 「COVID-19」、我が国の感染症法では 「新型コロナウイルス感染症」 と呼びます。

検 査

 新型コロナウイルスの検査は以下の3つがあります。
  1. 遺伝子検査
  2. 新型コロナウイルスに特異的な遺伝子(RNA)を検出します。
    検体中の微量な遺伝子を検出するため、PCRに代表される核酸増幅技術を利用して検査します。

  3. 抗原検査
  4. 新型コロナウイルスに特異的な抗原(タンパク質)を検出します。
    定量検査と定性検査があり、定性検査はイムノクロマト等の簡易キットにより、 検体を採取した場所で直ぐに検査することができます。
    PCR検査とともに確定診断として用いることができます。

  5. 抗体検査
  6. 新型コロナウイルスの感染やワクチン接種後、体内の免疫応答によって作られる抗体を検出します。
    既往感染の有無等、疫学調査等で活用される可能性があります。
    現時点では研究用試薬であり、診断には使用できません。

製品ラインアップ