沿革

1975/05 新しい製品の開発を主旨として、資本金3,000万円で株式ドムスヤトロンを設立(現 カイノス)。
1975/07 株式会社カイノスへ商号変更。
1975/09 世界に先駆け、酵素法による血清トランスアミナーゼ測定試薬を発売。
1976/12 三井製薬工業株式会社(現 バイエル薬品株式会社)と酵素免疫定量法(EIA法)の技術提携契約を締結。
1981/04 日立化成工業株式会社(現 日立化成株式会社)と臨床分析装置用試薬に関する事業提携契約を締結。
1983/03 GAMMA BIOLOGICALS, Inc.(米国)と輸血検査用試薬に関する販売契約を締結。
1983/04 酵素法によるクレアチニン測定試薬キットを発売。
1987/06 日本化薬株式会社と臨床検査試薬に関する技術提携契約を締結。
1992/09 キリンビール株式会社(現 キリンファーマ株式会社)と臨床検査試薬に関する技術提携契約を締結。
1993/08 生産拠点を笠間工場に移転し、生化学、免疫血清試薬の生産を開始。
1993/10 旭化成工業株式会社(現 旭化成ファーマ株式会社)と臨床検査試薬に関する技術提携契約を締結。
1995/10 本社を東京都文京区本郷に移転。
1995/12 日本証券業協会に株式を店頭登録(現 株式会社東京証券取引所)。
2000/06 「ISO9001」の認証を全事業所を対象として取得。
2000/08 Organon Teknika B.V.(オランダ)と「NASBA法遺伝子増幅」の特許のライセンス契約を締結 (現在「NASBA法遺伝子増幅」の特許ライセンスの所有権はOrganon Teknika B.V.からbio Merieuexに移転しております)。
2004/05 日本ビオメリュー株式会社(現 シスメックス・ビオメリュー株式会社)と「遺伝子検査関連製品」の国内販売に関する契約を締結。
2004/11 株式会社ニチレイ(現 株式会社ニチレイバイオサイエンス)と共同開発したインフルエンザウイルス検出試薬「スタットマークTMインフルエンザA/B」を発売。
2005/07 輸血検査用事業を新設分割してBB株式会社設立(2005/06)し、その後イムコア社と共同事業の一環として合弁契約を締結し、イムコア・カイノス株式会社へ商号変更。
2006/05 「ISO13485」認証取得。
2007/10 シスメックス株式会社と診断薬共同開発の契約を締結。
2008/04 執行役員制度を導入、コンプライアンスセンターを設置。
2008/05 イムコア・カイノス株式会社(現 株式会社イムコア)の全体株式を米国Immucor社に譲渡。
2011/09 グリフォルス社と輸血事業に関する販売契約を締結。