スイフトジーン ノロウイルスGⅠ/GⅡ「カイノス」とは    
         
    核酸増幅技術 NASBA と簡易検出法の核酸クロマトグラフィーを組み合わせた手法により、ノロウイルスを検出します。    
         
         
    スイフトジーン ノロウイルスGⅠ/GⅡ「カイノス」の特徴    
         
  核酸増幅技術 NASBA 法 と核酸クロマトグラフィーを組み合わせた簡易迅速検出    
  ノロウイルスの GⅠ/GⅡを同時に配列特異的に検出    
  測定に必要な時間は、およそ 2 時間    
         
         
       
    ノロウイルスとは?  
       
    ノロウイルス(Norovirus)は急性胃腸炎の病原体として知られる 1 本鎖 RNA ウイルスです。感染力が強く、あらゆる年齢層に感染し集団食中毒や集団感染を引き起こすため、公衆衛生上重要なウイルスです。ノロウイルスは遺伝的に多様であり、主に GenogroupⅠ(GⅠ)及び GenogroupⅡ(GⅡ)の 2 つの遺伝子群に分類され、さらに各遺伝子群は GⅠで 15 種類、GⅡで 18 種類の遺伝子型 genotype に分類されます。 ノロウイルスの粒子は直径 30-38 nm の正二十面体であり、ウイルスの中では小さい部類に属します。  
       
           
    エンベロープを持たないRNAウイルス      
           
  カリシウイルス科(Family:Caliciviridae)      
           
  ノロウイルス属(Genus:Norovirus, “Norwalk-like virus”)    
    (SRSV: Small Round-Structured Virus)    
    ノーウォークウイルス(Species: Norwalk virus)    
         
  サポウイルス属(Genus: Sapovirus, “Sapporo-like virus”)    
    サッポロウイルス(Species: Sapporo virus)    
         
  ラゴウイルス属(Genus Lagovirus)    
    RHDV(Rabbit hemorrhagic disease virus)    
         
  ベシウイルス属(Genus Vesivirus)    
    VESV(Vesicular exanthema of swine virus)   ノロウイルスの写真  
           
       
    感染経路  
       
    ノロウイルスによる感染症は、ウイルスを蓄積した二枚貝(カキ・アサリ・シジミなど)の生食・半生食(半生のカキフライ・アサリの酒蒸し・シジミの醤油漬けなど)およびウイルスで汚染された食品を摂取して経口感染するもの(食中毒)と、食中毒によって感染した患者(あるいは二次感染した患者)の糞便や嘔吐物に排出されたウイルスから経口感染するもの(伝染性胃腸炎)の二つに分けられます。

直接摂取した食品から発生するため、食中毒のケースが特に問題とされますが、医学上は食中毒と伝染性胃腸炎のケースに明確な違いはありません。
 
       
     
       
    症状  
       
    症状の始まりは突発的に起こることが多く、嘔吐、下痢、腹痛等が起こり、吐き気が治まった後は悪寒・発熱を伴うこともあります。これらの症状は通常1~2日で治癒し、後遺症が残ることもありません。

ただし、免疫力の低下した老人では死亡した例も報告されています。また、感染しても発症しないまま終わる場合(不顕性感染)や、風邪と同様の症状が現れるのみの場合もあります。

「嘔吐、下痢、腹痛を伴う風邪」という表現がありますが、それはノロウイルスなどによる感染症である可能性もあり、単なる風邪ではない場合があります。ノロウイルスによる感染が成立している場合、糞便中にはウイルス粒子が排出されています。
 
       
       
    診断  
       
    ノロウイルスは、病原体検査に必要な組織培養法は確立されておらず、検出方法として電子顕微鏡法、ELISA による免疫学的抗原検出法、さらに核酸増幅技術を利用し、ウイルス遺伝子を直接検出する分子生物学的検出法が開発され、厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課の通知(食安監発第1105001号)に基づく RT-PCR 法 が公定法として最も普及しています。しかし、操作性や迅速性の点でより簡便で正確な検査技術の開発が望まれています。  
           
           
        ページの一番上へ▲